師走の浅草最大の行事は羽子板市

12月17日から19日にかけて、東京・浅草の浅草寺では「納めの観音ご縁日・羽子板市」が開かれます。

元々毎月18日は観世音菩薩の縁日ですが、この師走の縁日は「納めの観音」と呼ばれ、一年のうちで一番大規模な縁日となっています。江戸時代より始まり、最初のうちは江戸最大級の賑わいとは言え、正月用品や縁起物の売る露店が並ぶ一般的な歳の市でしたが、次第に羽子板を売る露店が増え、羽子板市と呼ばれるようになりました。羽子板は女の子が産まれた家に、縁起物として贈る風習があり、浅草寺の羽子板市は江戸の人々の間で評判の行事となりました。

トンボに似ている羽子板の羽を、悪い虫(悪い病気)を食べてくれる縁起物として、当時の人は考えていたようです。現在では数十件の羽子板の露店が出店し、新聞、テレビ等でも年末の恒例行事として毎年取り上げられています。購入したお客さんには、お店の職人さんが縁起の良い三本締めをしてくれます。

可愛らしい羽の飾りつけも売られており、こちらは手軽なお土産に。威勢の良い掛け声とともに、色鮮かな羽子板が並ぶこの行事の風景は、見物客に古き良き日本の年の瀬の賑わいを感じさせます。また、和紙に七福神の恵比寿様と大黒様が印刷された「恵比寿大黒天御影」や、新年の福徳を呼ぶ小判型の「縁起小判」お守りも、この日から授与が始まります。お正月前には無くなってしまうほど人気が高く、欲しい場合は年内に手に入れておく方が確実です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *