浅草で楽しみたい伝統行事

浅草は人気がある観光地ですが、行事も年間を通して様々に行われています。

大きな雷門を見るだけでも十分に楽しめるのですが、余裕を持って計画を立ててこの土地ならではのたくさんの浅草行事に触れることで、より思い出深い旅行を堪能することができます。一月になれば元旦を迎えますので、多くの寺社で初詣に出かける人たちが増えます。二月になれば豆まき、節分が行われていますし、彼岸会などもあります。また、四月になれば流鏑馬も行われていてその迫力に圧倒されること間違いありません。

五月には三社祭が開催されて賑わいますし、六月にも楊枝浄水加持会などが行われて一年の半分が終わったとしみじみします。七月には七夕やほおずき市、隅田川の花火など、夏らしいお祭りも盛りだくさんで目を離せません。八月にはサンバカーニバル、九月にも彼岸会、十月には菊供養会なども行われています。

十一月には酉の市や時代祭りなどもあり、一年の終わりである十二月には除夜の鐘を鳴らしたりするなど、浅草では本当に多彩な行事が開催されています。全てを出かけて見に行くというのは難しいですが、カレンダーを見て日程があるならぜひ出かけてみましょう。いつもとは違う、賑やかな中にも下町らしい風情を感じられることでしょう。土地ならではの空気を感じて過ごせば、旅行から帰った後にも思い出に強く残ります。お土産も探したりしながら、自分らしく浅草の行事を満喫してみてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *